レタスの成分は95%が水分の淡色野菜です。ビタミンやミネラルといった重要な栄養をバランスよく含んでいます。

レタスは、茎葉の中に乳状の液体があるため、昔は乳草(ちしゃ)と呼ばれていました。サニーレタスやリーフレタスといった種類も豊富です。

retasuindex

レタスの栄養と効能

主に、ビタミンAやビタミンB1、ビタミンC、ビタミンEとカルシウム、鉄分を含んでいます。

<若さを保つビタミンE>
ビタミンEは、体内脂肪の酸化予防に貢献してくれます。血液循環をよくし、若さを保ってくれるため生理不順などにも効果があります。また、ビタミンEは加熱しても失われません。

にきびにも効果を発揮します。レタスの煮汁を冷やして、にきびに直接塗ります。一日数回に分けて塗りましょう。あまり日持ちはしないので、その日のうちに使い切るようにしましょう。

<便秘解消>
レタスの葉を煎じて飲むことで、利尿作用が得られます。便秘でおなかが張っていたり、水分のとりすぎで身体がむくんでいるようなときにオススメです。

<口内炎>
口内炎は、塩気が強いものを食べるとすごくしみますね。体が疲れていたりするとできやすいので、無理をしていると治りにくいです。そんな時、レタスをアルミホイルで包んで黒くなるまで焼きます。それを、口内炎に直接塗ることで痛み止めとして作用してくれます。

<安眠効果>
眠れない理由には、神経が過敏になってる状態があげられます。レタスには鎮静作用があるので、にんじんりんごと一緒にミキサーにかけジュースとして飲むと神経が鎮まり寝つきが良くなります。

 

生で食べることが多いですが、身体を冷やす効果もあるため胃腸の弱い人などはスープや炒めものといった火の通した料理のほうがいいですね。