ラディッシュは、よくサラダや肉料理の付け合せで出てきますね。種をまいてから収穫までの間が20日ほどなので、二十日大根とも呼ばれています。ヨーロッパがルーツで古代エジプトの頃から食べられていたそうです。

214221331_624

ラディッシュの栄養と効能

アミラーゼやジアゼスターなどの消化酵素が豊富に含まれています。食べ物の消化を助けてくれて胃腸の働きを促す効果があります。さらには、硫化アリルという消化を促進させてくれる作用のある成分も含まれています。ラディッシュは大根と同じで消化に優れた効果をもった野菜です。

ラディッシュの赤い表面には、ビタミンCが豊富に含まれています。免疫力をあげ風邪を引きにくくしてくれるだけでなく、コラーゲンの生成を助けてくれるので美肌へと導いてくれます。

抗酸化作用があるアントシアニンも含まれています。

葉っぱの部分には、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、βカロテン、鉄にカルシウムがたっぷり詰まっています。

アリルイソチオシアネートという辛味成分を含み、がん予防や血栓防止作用があります。

グルコシノレートという成分には、発がん物質を身体の外に出す効果があり解毒作用を強化する働きがあります。

食物繊維も豊富で、腸内善玉菌を増やしてお腹を健康に保ちます。

 

ラディッシュはプランターでも簡単に栽培できるので、家庭での栽培にチャレンジしてみるのもいいですね。