キノコ類で有名な松茸やしいたけと違い、影に隠れているのがえのきです。しかし、えのきにはスゴイ栄養素があるんです。女子必見の食べて痩せるダイエットができるのがえのきなんです。

sdhjindex

えのきの栄養と効能

えのきに含まれるエノキタケリノール酸という脂肪酸があります。この成分には、なんと内臓脂肪を減少させる働きがあります。特に天日干しにした干しえのきには豊富に含まれています。

そんなエノキタケリノール酸とは一体なんなのかというと、4つの脂肪酸が結びついたえのき特有の脂肪酸混合物で、アドレナリンを受容体とくっつける効果があります。
体を動かすとアドレナリンが分泌され、アドレナリンが脂肪細胞とくっついてリパーゼという酵素を活発化させるので脂肪を分解します。
つまり、エノキタケリノール酸を含むえのきは食べるだけで運動する効果がえられるんです。

さらに、きのこ類特有のキノコキトサンという成分も含みます。この成分は食事で摂取した余分な脂肪のまわりに薄い膜を張るので、腸内での脂肪の吸収率を抑えてくれんです。えのきはきのこ類の中でも特に多く含んでいます。

食物繊維はキャベツの2倍も含まれています。整腸作用があり、便通をよくしてくれます。

ダイエットだけではなく美肌効果にもいいんです。その理由は、グアニル酸という成分を含み肌荒れの元となる毒素を排出してくれる効果があるからです。さらにはがん予防もしてくれます。

えのきダイエット

ザルなどにえのきを広げて2時間ほど天日干しします。湿気が残っている場合は、フライパンでサッと火を通して水分が完全に飛んだら完成です。干したり細かくすることによって細胞壁を壊すことで身体に吸収されやすくなります。

njimages

えのき氷

えのき氷の作り方も紹介します。生のえのきをざく切りにして水400ccを混ぜてミキサーにかけます。なめらかになったら鍋などに入れて焦げないように弱火で1時間ほど火を入れます。粗熱がとれたら、製氷皿にいれて凍らせれば完成です。
えのき氷は、味噌汁に入れたり出汁に使ったりするとオススメです^^