カットスタイル用語

アイロン

熱処理で髪を一時的にまっすぐにするスタイリング用具です。定番のストレートアイロンのほかに、ワッフルアイロンやカールアイロンがあります。

アシンメトリー

正面等から見ると左右が非対称のヘアスタイルのデザインのことです。個性的な感じになります

アウトライン

ヘアスタイルの外側の輪郭ライン、シルエットのラインのことです。

イヤー・トウ・イヤー

髪を前の部分と後ろの部分に分けるとき耳と反対の耳をつないだ部分、またはそのラインのことです。

イレギュラーカット

不揃いにカットすることです。毛先をねじって切ることにより、長さが不揃いになります。

ウルフ

トップは短めで、襟足を長く残したハイレイヤースタイルが定番。 モヒカンやマッシュとのミックスしたスタイルや、ウルフをベースにしたアレンジしたスタイルも多いです。

エアリーヘア

髪の毛をふんわりセットして空気感をつけたスタイルです。

エクステンション

つけ毛のことです。通称エクステと呼ばれています。地毛では補いきれない長さや毛量をエクステでカバーする。また、デザイン的に長さを強調したいとき、ポイントカラー的な要素としてカラーエクステを用いたりもします。長さをプラスした […]

エフェクトカット

ドライカットの一種。ハサミを上下にスウィングさせながら切っていくカット技法です。

おしゃれボーズ

カラーリングやカットでアレンジを加えておしゃれな雰囲気を出したボーズスタイルです。

オフ・ザ・フェイス

額を出したスタイルのことです。

オン・ザ・フェイス

髪を額にかけたスタイルのことです。

グラデーションカット

髪の毛を少しずつ段差をつけながらカットする方法です。レイヤーカットよりはなだらかな段差で毛先の動きをつけやすい。

グラデーションスタイル

グラデーションカットで作ったスタイルのことです。毛の長さに均一に差をつけて毛先を何層もの段差がつくようにカットします。

クラウン

頭頂部から後頭部にかけての部分です。

コーンロウ

髪を頭皮に密着させて編みこんでいくブラックテイストの強いスタイル。パーマ液を使わず編みこむだけなので、ほどけば元に戻るのが特徴。

サイドパート

分け目を中央ではなく、左右の片方にずらして分ける横分けのことです。

逆毛

毛束をつまみあげて毛先から根本に向かってクシでしごきおろしてセットすることです。 髪を立ち上げやすくしたりルーズな質感を出すことができます。

質感調整

毛束感や軽さを出したり、ウェット感を強調したりと、髪型のディテールを調整するときに感覚的な言葉として用います。

シャギー

レザーカットやスライドカットを使い毛先を細くそいで動きや空気感のあるスタイルを作る時に使う技法です。

ジャギーカット

毛先を細くするテクニックで、カットラインを揃えず毛先をそいでギザギザにする髪全体を軽い感じにできます。スライドカットやセニングカットはこれの一種です。

梳く

すきバサミ(セニングバサミ)で毛束をカットし、切り口をブツ切り状にカットして毛先に長短をつけることです。 髪を間引いて軽さを出したり、スライドカットで量を減らすときにもちいることもあります。

スクランチ

髪を根本からぐしゃぐしゃともみ込むセット法のことです。

ストロークカット

毛束を持ち上げ毛先から根元に向けてハサミを滑らせるようにそいでいくカット法です。不揃いに仕上がりふわっとした感じが出せます。

スパイキー

髪を立たせてつんつんした毛先を強調したスタイルです。

スライドカット

ハサミを毛先に向かってそいでいく技法です。毛先が軽くなり、スタイル自体に動きが出せます。 ジャギーカットの一種です。

スリークヘア

アウトラインの長さはそのままに内側の髪を梳いてボリュームを調整したスタイルです。

サイド

髪の毛の横の部分です。トップとフロントの下のところ

セイムレイヤー

髪全体を同じ長さでカットし、自然に垂らした時の毛先に細かな段差が生まれるようにしたスタイルです。丸いシルエットが特徴的。

セニング

すきバサミを使い、薄くすくカット法です。くせ毛や毛量の多い人の調節にも有効なテクニックです。

センターパート

真ん中分けのことです。

そぐ

レザーカットやスライドカットで毛先を細切りさせるカット。シャギーなどを作ったり毛先の細かい質感を作ったりするときに使います。

ソフトモヒカン

センターライン上の髪を長く残し、両サイドを短くカットしたスタイルです。

2ブロック

サイドやバックを短く刈り込み、上からかぶさる髪を長めに残したスタイルです。

タオルドライ

洗髪後にタオルを半乾きになるくらい水分を拭きとることです。

束感

毛束感のこと。束があるようなボサっとした雰囲気にすることです。

チョップカット

毛先からハサミの刃を入れ、根本へ滑らすカット法です。大胆な不揃いさが特徴です。

トップ

頭の一番上の部分。

ドライカット

乾いた状態でカットすることです。

ネープ

バックより下の残りの部分。襟足からぼんのくぼまでの部分です。

パート

髪の分け目の部分です。

ハチ

頭の横まわりの部分です。

バックシェープ

髪の後ろの方向に流すことです。

バンク

前髪のことです。

ハンドブロー

ブラシを使わずドライヤーで乾かすことです。乾かしている段階で毛の流れやスタイルの土台を作ります。

フェイスライン

額からモミアゲにかけての髪の生え際をつなげたラインです

ブラントカット

髪に対して横からハサミを入れ、パツンと毛先を揃え、直線的なラインに仕上げるカット法です。

ブレース

ブレースヘアと呼ばれるスタイルは、三つ編みした毛束を何本も作ってドレッド風の雰囲気を出したヘアスタイルです。

ブロー

ドライヤーで髪を乾かすことです。またはブラシを使ってドライヤーで乾かすこと

ブロッキング

髪を部分ごとに分ける方法です。

フロント

頭の前の部分です

ボブ

肩より短いワンレングス。おかっぱ。毛先にジャギーを入れたり毛量調整で軽くしたりしたボブベースのスタイルが多いです。

ぼんのくぼ

うなじの真ん中のくぼんんだ部分です。

マッシュスタイル

マッシュルームのように丸くゆるやかなラインのスタイルのことです。

無造作

わざと外したり、崩したりすることです。スタイリングやカットなどで作りこんでいる感をなくすこと

毛量調整

セニングや間引きカットで全体的な長さは変えずに毛量だけを減らし、軽くみえるようにカットすることです。

レイヤー

下が長く、上が短いスタイルです。毛の長さに大きな段差をつけること。軽さや動きがでます

レイヤーカット

下にいくほど毛が長くなるようにカットし、毛先の段差で動きをつけるカット法。ハイレイヤーは頭の上方から段差をつけ、ローレイヤーは中程から下部分、セイムレイヤーは全部分を同じ長さにカットし段差をつけます。

レザーカット

ハサミを使わず、カミソリでそぐようにカットします。柔らかい雰囲気がでます

ワンレングス

すべての毛束を同じ長さに揃えたスタイルのことです。